北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

留学手数料/有料と無料の違いとは?

留学する上で無駄な費用お支払いしてませんでしょうか?
オーストラリア留学してみたい!

でも実際問題費用ってどのくらいかかるのだろう?

語学留学する場合絶対必要になるのが

・学校の授業料、入学金、教材費

・滞在費

・航空券

・ビザ申請代

・食費などがあげられます。

細かく分類すると、現地での交通費、通信費等なども加わりますが、大きく絶対的に必要費用は上記があげられます

ですが、日本の留学エージェントは手配料「有料」と「無料」の2パターンに分かれております。なぜ分かれるのか?

別に支払いする必要がないのに、「知らなかった」っていう理由だけで支払ってしまう「費用」って何か?

ここでは解説させていただきます。

その1、留学エージェント~収益の上げ方

まず下記をお読みください

留学エージェントの収益の上げ方」

こちらをお読み頂けばわかるように、留学エージェントは学校手配を学校の代理で行う事によって学校側から運営費を頂くことができます(有料・無料留学エージェント関係なく日本の全ての留学エージェント共通ルール)。

ところが・・・

これらと別に有料留学エージェントでは別途手数料(手配料)を5万~20万と請求したりします。

その2、手数料有料と無料になる違いとは?

大手有料留学エージェントの場合例えばこういった項目が請求書等にのってると思います
項目 金額
申込金 5万円
ビザ申請代行料 2万円
現地サポート費 10万円
学校入学手続き代行料 3万円
 国際通信費 1万円
なぜこういった費用が発生するか?

大手の有料留学会社では人件費、家賃、広告費などが主な経費として発生します

特に広告費や見た目が大変立派なパンフレット等作成すると経費が大変かかり、それらの経費を回収するためには学校からの運営費だけでは回収できなくなったりします。そこで別途手数料ってのを請求したりします。

ところが・・・

これって本来留学生の皆さんは「留学するための必要費用ではない!」って事が言えますし、これらの費用は現地での生活費等にすること出来る費用と言えます。
見積もり 比較
例えば北海道留学センターと大手留学エージェント比較した場合
大手留学エージェント 北海道留学センター
申込金/出発前サポート費 3万~10万  無料
ビザ申請手数料 3000~1万  無料
現地サポート費 5万~  無料
学校入学手続き代行料 3万円~  無料
合計金額 11万3000~19万円  無料
上記をみて分かるように11万~19万円の違いが生じます

この辺の違いに関してのブログはこちら⇒「有料留学エージェントと無料留学エージェントの違いとは?

実際に弊社から短期留学でメルボルン語学学校インパクト・イングリッシュ・カレッジ(メルボルン校)へ4週間通い、ホームステイ滞在4週間した場合の北海道留学センターからの請求書内訳はこちら

⇒「留学請求書サンプル

その3、無料手配でも信頼される道産子のための留学エージェント

ここまでをお読み頂き、では北海道留学センターは手配料無料だからサービス悪いのか?って考えられる方います。

北海道留学センターは2009年7月7日にオープンして以来、広告や立派なパンフレットなどにはお金をかけず・・・

1、生徒さん

2、WEB(ホームページ)

この2つに投資させていただきました。

今では、留学される方のほとんどがスマフォを普段の生活で使用している時代であるがゆえに、情報収集の仕方が10年前と大きく変わってきました。パンフレットなどからの情報収集ではなく、スマフォなどを使ってインターネット上で情報収集するのが主流の時代になってきました

そのため、弊社の考え方は、公共機関での移動中や1人カフェなどの隙間時間にスマフォから留学情報の取得が出来るようなHPになるように日々力を注いでます

広告などにお金をかけず7年近く運営できた要因は、留学された方が友達や知人へ弊社のことを「紹介」をしてくださる。弊社を利用された方から頂きましたこの高い評価=「紹介」。この繰り返しで現在に至ります。

10640915645_3d1bf68dfa_z
北海道に根付いて、道産子のためだけに運営するそれが0円留学手配!北海道留学留学センターです
北海道から飛び出して留学してみたいといったご相談は→こちらまでお問いあわせください。