北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

語学学校クラス編成について

オーストラリアに語学留学したい

でも・・・英語力が全くないから不安。そういったご相談をよく受けますが、語学学校の場合は英語力初級の方からも安心して入学出来るようになってます。その理由が、語学学校では英語レベル別にクラス編成を行って授業行うためです。

多くの皆さんがイメージされてるのが日本の学校でのスタイルのようで、クラス内で英語が話せる学生さんとレベル差が出てくると思うので不安って思いの方いますが、実際はそういった事は語学学校では一切ありません。

下記にて語学学校ではどのようにクラス編成を行うかご説明いたします

オーストラリア語学学校~クラス分けレベル目安

15125136845_a6509e0c91_z
オーストラリアの語学学校に入学した際、入学日には必ず英語レベルをチェックするテストを行います。

通称プレイスメントテストっていうものになり、学校によって内容に若干違いはありますが、基本的内容は同じで

・文法

・スピーキング/リスニング

・リーディング

・ライティング

5項目を総合的にテストします。上記テスト項目を総合的に評価してクラス分けを行います

語学学校でのクラス分けは下記のように行われます
クラス名 英語レベル
Advanced(アドバンス) 上級
Upper-Internediate(アッパーインターミディエット) 中上級
Internediate(インターミディエット) 中級
Pre-Internediate(プレインターミディエット) 初中級
Elementary(エレメンタリー) 初級
Beginer(ビギナー) 初心者
上記のレベル分けは学校によっては更に細分化してる場合等もあります。

また上記レベル別クラスは定期的に試験などを行い、上のレベルへクラス替えなどもあります

クラス分けの現状を踏まえ目標として目指すは・・・

23208560534_96473b6689_z
日本人学生の場合どうしても一番下のレベルビギナーからプレインターミディエットに間に集中してしまう傾向にあります。その場合クラス内でも日本人学生の数が多くなったりなどもありえます。

ただインターミディエット以上になってくるとクラス内での日本人学生の数は減ってきてヨーロッパの学生などが多くなってくるので、より英語環境になってきます。

そのため語学学校へ入学して、まず最初の目標にしていくべきレベルのひとつにアッパーインターミディエット(中上級)レベルがあげられます。理由としてこのレベルまで達すると日常会話は最低限出来るようになること、他の英語コースなどの受講も出来るレベルになってるため就学する上での選択肢が増えるって点もあげられます。

またワーキングホリデーで渡航して、英語環境などで仕事を見つけられる方の多くは、語学学校修了時アッパーインターミディエット(中上級)レベルの方が多いのも現状です。