北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

ビザ基礎情報

留学したいってなった際よく出てくる言葉

ビザ(Visa)

そこで根本的問題として「ビザ(Visa)」って何?ってことですが。

ビザとは一言で言えば、オーストラリアへ入国する際に必要な「入国許可証」ってことになります。そしてその「入国許可証」は事前に日本の領事館やら大使館が発行するものになるので許可証になります。

ただ、ビザがあれば必ず入国出来るって話でもなく、オーストラリア到着後の入国審査で最終判断するのは入国審査官になるためその点は頭に入れておく必要があるかと思います。

21982718466_1dcab5720f_z
 

ビザの種類

オーストラリアへ入国するためのビザは100種類以上になってますが、実際に留学する際に取得する主なビザとしてあげられるのは

・学生ビザ

ワーキングホリデービザ

・ETAS

この3つが一般的にはあげられます。

ビザ別特徴

1、年齢制限
滞在期間
学生ビザ なし
ワーキングホリデービザ 18~30歳
ETAS なし
2、滞在期間に関して
滞在期間
学生ビザ 学校へ通ってる期間プラスα
ワーキングホリデービザ 1年間まで
ETAS 3ヶ月まで
【補足:学生ビザに関して】

1、12週間以上フルタイム(週20時間)以上学校へ行かれる方は必要になります

2、学校で学ぶためのビザのためなので、基本的にコースの就学期間滞在して学ぶことが可能です

3、就労(働くことは出来るのか?)
就労に関して
学生ビザ 2週間で40時間まで可
ワーキングホリデービザ
ETAS 不可
4、就学(学校へは通えるのか?)
就学に関して
学生ビザ 可能
ワーキングホリデービザ 17週間まで可能
ETAS 12週間まで可能
5、ビザ申請費用(2016年度)
申請【登録】費用
学生ビザ 550ドル(オーストラリアドル)
ワーキングホリデービザ 440ドル(オーストラリアドル)
ETAS 20ドル(オーストラリアドル)
 

 

まとめ

上記ビザのルールを踏まえまとめると下記のとおりです
就学 就労 滞在期間 年齢制限
学生ビザ 可能 可能 就学期間 なし
ワーキングホリデービザ 17週間まで可能 可能 1年 18-30歳
ETAS 12週間まで可能 不可 3ヶ月 なし
これら踏まえ自身がどのビザを使ってオーストラリアへ留学をするかを決めます。
ビザの考え方として、学校へ通う期間が12週間以内か否かでまず考えます。12週間以内なら「観光ビザ」。そして12週間以上の場合学生ビザ。ただ「ワーキングホリデービザ」という選択肢もあります。1年オーストラリアに滞在したいけど、1年学校へ行く資金がないって言うような方向けです。またオーストラリアの学生ビザは就労する事も出来るので生活費を補う事は可能です。
★どのビザで留学するかのポイント

・学校へ通う期間

・現地で働きたいか否か

まずはこの2点をどうしたか決めればどのビザで留学するかが見えてきます。
これら踏まえどの留学するにあたってどのビザが必要かわからないと言うお悩みの場合はお気軽に無料留学相談フォームからお問い合わせください