北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

ワーキングホリデー必要費用

オーストラリアへワーキングホリデーしたいけどどのくらい費用がかかるのか?

誰もが疑問に思う点かと思われます。

オーストラリアへのワーキングホリデーでは語学学校へ最大17週間通う事が出来ます。

予算の立て方は通常、現地渡航後いつから働きそしてその収入だけで生活していくかで決めていきます。英語を母国語とするオーストラリアで働くわけなので最低限の英語力がないと働き先を見つけるのも一苦労します。

そこで、オーストラリアへワーキングホリデーされる方の中で多い最初12週間英語学校へ行かれる場合と、最初17週間みっちり語学学校で英語を学びつつ、最初1カ月だけホームステイその後はシェアハウス生活の場合のワーキングホリデー初期費用を下記にてご紹介です

15422609501_780047a109_z

ワーキングホリデー必須予算

オーストラリアへワーキングホリデーする場合絶対的に発生する費用が
項目 金額
ビザ申請費用 440ドル(約38000円)
航空券片道 約6~8万円
海外留学保険 180000円
必ず必要な初期経費としては278000円くらいになります(上記ビザ申請費用は1ドル87円計算)

⇒あとは航空券などを上記金額より安く購入出来ればより節約可能になります。

あとへ現地へ渡航後仕事を早く見つけその給与で生活できれば、必要経費は最低限で抑えられますが、上記プラス最低限1カ月の生活費10万円ほどは見た方がいいです。

また、多くの方は最初語学学校へ12,17週間通われてそれから仕事探しなどされます。その場合の見積もりとしては下記のとおりです

パターン1:語学学校12週間・ホームステイ滞在1ヶ月

①、学費【12週間語学学校】
入学金 200ドル
授業料 4200ドル(週350 X 12週間)
教材費 120ドル
合計 4520ドル(約384200円)
②、ホームステイ費【4週間】
ホームステイ手配費 220ドル
ホームステイ滞在費 1080ドル(週270 X 4週間)
空港送迎 170ドル
合計 1470ドル(約124900円)
③その他諸経費
片道航空券 6-8万円
ビザ申請費用 3.8万円(440ドル)
海外留学保険 18-20万円
合計 約27~32万円
★上記合計金額
①+②+③ 約77-83万円
*語学学校12週間費用はメルボルン語学学校【インパクト・イングリッシュ・カレッジ】フルタイムの場合で計算しております

上記プラス現地での生活費がかかります。1カ月の目安は月1200ドル(約10万円)くらい。

ワーキングホリデーは働き収入を得ることは出来ますが、オーストラリア入国後すぐに仕事が見つけられる保証はないので、上記初期費用+最低2~3ヶ月の生活費(20~30万円)準備したほうがいいです。

*上記見積もりは、1ドル85円にて計算しております

 

パターン2:語学学校17週間・ホームステイ滞在1カ月

①、学費【17週間語学学校】
入学金 200ドル
授業料 5950ドル(週350 X 17週間)
教材費 170ドル
合計 6320ドル(約537200円)
②、ホームステイ費【4週間】
ホームステイ手配費 220ドル
ホームステイ滞在費 1080ドル(週270 X 4週間)
空港送迎 170ドル
合計 1470ドル(約124900円)
③その他諸経費
片道航空券 6-8万円
ビザ申請費用 3.8万円(440ドル)
海外留学保険 18-20万円
合計 約27~32万円
★上記合計金額
①+②+③ 約93-100万円
*語学学校17週間費用はメルボルン語学学校【インパクト・イングリッシュ・カレッジ】フルタイムの場合で計算しております

上記プラス現地での生活費がかかります。1カ月の目安は月1200ドル(約10万円)くらい。

ワーキングホリデーは働き収入を得ることは出来ますが、オーストラリア入国後すぐに仕事が見つけられる保証はないので、上記初期費用+最低2~3ヶ月の生活費(20~30万円)準備したほうがいいです。

*上記見積もりは、1ドル85円にて計算しております

 

★オーストラリア6都市現地無料生活サポート

北海道留学センターはオーストラリア国内6都市にオフィスをもちます、オーストラリア留学センター北海道支店として活動しております。

北海道では唯一! 語学学校手配されたに方は現地(オーストラリア)オフィスにて無料生活サポートご提供させていただいております。

他留学エージェントで現地サポートを依頼される場合に発生する「現地サポート費」などは一切発生しません。そのためどこよりも安くオーストラリアへのワーキングホリデーサポートなどが可能となっております。

なおオーストラリア国内 シドニー・メルボルン・ブリスベン・パース・アデレード・ゴールドコーストにオフィスがございます
無料サポート詳細は→こちら
現地サポート費をお支払いされる費用ある場合→現地での生活費、または学費などに回していただければと思います

北海道留学センターは北海道からオーストラリアへのワーキングホリデー費用を最も節約できる留学エージェントと自負しております