お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

ワーホリ前は不安だけでしたが今はオーストラリア大学進学の目標が出来ました

2020年3月31日
オーストラリア ブリスベンへワーキングホリデーされたAさん(匿名希望)から体験談頂きましたので更新です。

最初ブリスベン語学学校で17週間みっちり英語を学び、合わせて同時に現地でご自身の趣味でもある将棋コミュニティを作って活動してそしてまた将来への目標も明確になったワーホリ生活送られました

そんなAさんのワーホリ体験談です
ビザ ワーキングホリデービザ
都市 ブリスベン
学校名 BROWNS English
ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ブリスベン校)

どうしてワーキングホリデーをしようと思ったか?

自分がどんな道に進むのかに迷い、このまま就職する前にどうしても海外での生活を体験してみたいと思ったのが理由になります

どうしてオーストラリアだった?そしてブリスベンにした理由って


オーストラリアを選んだのは南半球に憧れがあったこと笑

ブリスベンは気候の良さや環境、物価などから選びました。

語学学校ブラウンズについて

・受講したクラスのレベルは?

pre-Inter 6週 ⇒ Inter 5週 ⇒ upper 6週

・受講クラスの人数は?

少なくとも10人、多くて20人弱

・クラスメイトの国籍は?

日本、コロンビア、韓国、台湾、ブラジル、タイ、チリ、中国、イタリア、、、

・先生の教え方は?

生徒同士のコミュニケーションの時間を多くとり、楽しい授業にしてくれる。

・English Only Policyは厳しいと思ったか?

正直に言えば、緩いかと思います。

生徒の数が多くて取り締まれない感じかなと感じました

・学校のサポート体制はどうだった?

学校スタッフさんに1度相談しました。相談内容はInterの授業時間変更が上手くいかず、5週であがることになったこと、当時は不安でしたが今は早くupperにあがれててよかったかなと思います。

・アクティビティについて

週3以上参加しました

特に毎週参加したサッカーは裸足で熱中してました。

仕事について

・仕事はどのように探したか?

ホームページ(日豪プレス)

・仕事内容は?時給は?

日本食食庫での棚卸作業

時給27$
国籍はほぼ日本人でした

・仕事探しは大変だったか?

仕事の募集が少なく大変だった。

ブリスベンについて

・ブリスベンでの生活はどうだった?(気候、人、お店など全般を通して)

空気が澄んでいて日中はほぼ青空、夜はレンタカーを借りて星空を見にいったりしました。
レストランは聞いていた通り高かったので、ファストフードに通ってた時期もありました笑

・ブリスベン生活で印象深い出来事

職場の帰りに電動自転車から落ち、全治2ヶ月の骨折をしてしまったこと。仕事もなくなってしまいましたが、いい経験をさせてもらったと思います。

・ブリスベンでおすすめスポットって思った場所

ローンパインサンクチュアリ

ブリスベンで将棋クラブを作る

小学生の時から将棋が好きで将棋クラブに入ってました。そして高校では将棋部に入り全国大会にも出場する経験が出来ました。

ブリスベンへ来てからある日Twitterで「日本将棋連盟のオーストラリア支部」みたいなものがシドニーにあることを知り、そこへ連絡してみました


すると「ブリスベンでもやってみなよ」ってことになり、将棋盤や駒を送ってもらいました。その後Twitter, Facebook、日豪プレス、Gumtreeなどを使ってメンバー集めをしました。

その結果、ブリスベンに住んでる日本人や、将棋好きな語学学校の先生をしてるオージーなどが集まり、ブリスベン将棋クラブとして活動開始しました

図書館などで週2日活動をしたりしました。


僕の帰国前はコロナウィルスの影響で活動停止にせざるを得ない状況だったのが心残りですが、メンバーはこれからも引き続き活動するとのことだったのでその点はよかったです

ブリスベン将棋クラブTwitterアカウントは ⇒ 「ブリスベン将棋クラブ

これからワーホリしようか悩んでる方へ


今回のオーストラリアが初海外でしたが、そんな自分でも充実した生活を送ることができました。

是非ブリスベンを観光してほしいです!

今後の予定


正直出発前はワーホリ後の事までは何も考えがなく不安だったりしましたが。

今はっきり言えるのは1年後くらいにオーストラリアの大学進学を目指したいという明確な目標が出来ました!

なのでしばらくは北海道でバイトや英語の勉強を頑張ってしていきたく思います

北海道留学センター東出より

コロナウィルスの影響もあって1年滞在できずに帰国されたAさん

それでも約1年の時間で様々な経験をされて、またご自身で趣味の世界でもある「将棋」で「ブリスベン将棋クラブ」を設立して、それをSNSなどで宣伝してメンバー集めして活動を定着させたとのことで、凄く充実した時間だったのではッて思います

また、何より今後の具体的目標が決まったとのことで、これからバイト&英語の勉強としっかり頑張ってくださいね

引き続き応援しております!!
短期/長期語学留学、ワーキングホリデーに関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、お気軽に無料留学相談フォームからお問い合わせください