北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

休学ワーホリ~自分の意見をしっかり持ち周りに流されないようになりました

2020年9月2日
札幌の大学を休学してオーストラリア パースへ休学ワーホリされたShokoさん

最初12週間語学学校で英語を学びそしてパース市内で働きながら様々な経験をされたShokoさんから体験談いただきましたのでご紹介です
項目 詳細
ビザ ワーキングホリデービザ
留学都市 パース
留学先学校 Kaplan International Languages Perth
カプラン・インターナショナル・ランゲージズ(パース校)

どうして休学してワーホリしようと思ったか?

正直当時留学にそれほど興味はなく、このまま留学せずに4年で大学を卒業するのかなと勝手に自分で決めつけていました。

しかし、ちょうど学科の仲間たちが留学の準備を着々と進めていたことと2年の10月ごろに留学のワークショップを見かけて話しかけてみたことが重なって負けてられない!

と思って飛び出してみることにしました。

どうしてパースを選んだか?


日本人が少ないと聞いたからです

あとオーストラリアだと東側はみんな行ってると思ったので、私は西側でちょっとマイナーなところに行ってみたかったからです。

最初12週間はカプランで英語を学ぶ

・受講したクラスのレベル

一般英語Upper intermediate(中上級レベル)
⇒7週間

IELTSクラス
⇒最後の5週間くらいだったと思います。

・クラスの人数は?

Upper intermediateクラス
⇒12人ほど

IELTSクラス
⇒16人ほど

・クラスメイトの国籍は?

Upper intermediateクラス
⇒ブラジル、コロンビア、日本、フランス、台湾

IELTSクラス
⇒ブラジル、コロンビア、韓国、日本

・先生の教え方は?

⇒テキストに沿って説明していく。

毎日エクストラでプリントをもらってそれを解き、答え合わせをする際補足で説明してくれる

・英語力アップに活かされたと思うか?

⇒特にさまざまな国からの友人たちのお陰で、色々なアクセントに対応する英語力の向上につながったと思います。

・アクティビティについて

⇒結局ほとんど参加せず終わってしまいました。

他の語学学校の子たちはお金持ちの子が多くて仕事もなくよく遊んで…という雰囲気の場所もあったようですが、うちの学校はほとんどの子がもう働いていたのでみんな時間がないという印象でした。

仕事について

・どのように探したか?

⇒ネット応募もいろいろやってみましたが、やっぱりレジュメ持って体当たりでお店に行ってみるのが効果的な方法だと思いました。

あとは友達の紹介でした。

・仕事内容について

日本食レストラン

時給は$13、お昼4人くらい、夜10人弱。

全員中国人またはマレーシアでした。ウェイトレスをさせてもらっていました。


スーパーマーケット

時給は$23、デカいスーパーだったので相当数が同時に働いていました。

オーストラリア人の大学生やインド人、ブータン人など。Groceryの品出しをやってました。

カフェ

時給は$16〜?、昼2、3人、夜はオーナーさんと2人で働いてました。

中国人学生とオーストラリア人の学生。スムージー、アサイーボウルを作って出してました。掃除なども一通り教えてもらいました。

仕事探しは大変だったか?

すごく大変で死にそうになりました。

パースで仕事をしてみて大変だったこと、印象に残ってる事

⇒仕事探しは大変ですが、初めてしまえば休みや給料が保証されているのがオーストラリアで働くいいところだと思います。

みんな優しいですし。ただ経験がどうしても必要なので日本でバイトしたことない人は大変だろうな…という印象でした。

パースについて

・パースでの生活は?

⇒申し分なし!出来ればあそこに住みたいです。

あんなところでカフェで働きながら住めたら楽しいのになぁと思います。

私はそこまで日本食を渇望することもなかったので、ちょっと不便なこともたまにありますが日本が便利すぎるんだな〜と思うくらいで、特に生活に困ってしまうことも無かったです。

・パース生活で印象深い出来事

⇒残念なことですが、日本人によく裏切られました。

ある一点からもう関わるのはやめよう!と決めたのでそれ以降は人間関係もそれなりに快適に過ごせました。

・パースでおすすめスポットって思った場所

⇒ビーチ一択です!たくさんあって一つ一つ特徴があるので海好きにはたまらない場所だと思います。


私はそこまで海大好きな人では無かったのですが、この1年間で海沿いに住みたいと思うようになりました。

この1年を振り返って自分はどのように変わったと思うか?

英語はもちろん、考えの視野が広がりました。

日本に生きていていかに自分の視野が狭かったかを痛感しました。あとは、人間として強くなったと思います。別の国に居るからこれができないあれができないではなく、解決策を考えるようになりました。


ワーキングホリデーってもっと楽しいもののはずじゃ…?と思うくらい辛いことばかりでしたが1年間そこで耐えきったというこの経験が確実に自分を強くしてくれました。

これからワーホリしようか悩んでる方へメッセージ


とりあえず行って、どうか後悔しないように過ごして欲しいなぁと思います。

各種インターネットにはいいことたくさん書いてありますが1年間無駄にしている人もいっぱいいると思うので…

皆さん自身考えて行動して有意義な時間にして欲しいなと思います

帰国してこれからの目標


日本社会に揉まれて「日本人」に戻らないようにしたいです。

自分の意見をしっかり持ち物事をしっかり見つめる、皆がいいと言っているからいいと他人に流される人に戻らないことです。

北海道留学センター東出より

大学で英語を専攻されているけど、それだけでなくプラスアルファの経験をされたいとのことでワーホリされたShokoさん。

1年様々な経験をされて、最後はコロナの影響などもあったと思いますが、充実した時間を過ごされてパースを気に入ったとのことでよかったです。

大学はまだオンライン授業などだったりと通常には戻ってないですが、引き続き大学生活を充実させてくださいね。

そして近いうちにランチでも行きましょう!
短期/長期語学留学、ワーキングホリデーに関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、お気軽に無料留学相談フォームからお問い合わせください。

*LINE公式アカウント始めました

下記QRコードダウンロードして「留学メルマガ」とメッセージ送信いただければ、留学情報講座配信いたします