お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

道産子留学生ブログ(Yoshihiro君)~月曜 火曜

2014年4月26日
ちょっとサボってしまいました。
少ないですがありがたいことに見てくれている人がいるみたいなので、
この数日のことを書いていこうと思います。

月曜日

この日、テストが次の日あると言われました。
こりゃ困った。
授業は次の日出るwritingの問題をやって、添削してもらうというものでした。
いいのかなーと思いながら、取り組みます。

意外としっかり書くのは得意なんだなーと思いました。
あまりミスも無く、先生もすばらしいね!っと言ってくれました。
これで明日も楽勝や!

午後は人がいなさ過ぎて、会話を沢山して終わりました。
結構これが一番勉強になるかも。
先生がいちいち文を訂正してくれるしね。

放課後は明日セッションということでみっちり練習しました。
あと、土日のブログを書いてましたw


火曜日

テストが始まります。
先生がテストを出すと・・・・・・

ファ・・・!!!!!

めっちゃちゃんとしたテストやん・・・・
これは予想外。
でも毎日その日のグラマーは練習してたし、大丈夫だろう!

少しグラマーの復習をやってくれて、そのあとテストが始まります。


むずい・・・・・
普通の現在形か、現在進行形か
過去形か過去進行形か

みたいな問題が一番難しい。
これ、どっちも使えない?
ってかほとんど現在形か過去形じゃないの?
って感じです。

テストが終わると、答えあわせをみんなでやります。
これ、ズルできるよなー
とかいう不の気持ちが出てきます。

正々堂々な滾りハートを奮い立たせて、
僕は思いっきり蛍光ペンで×を付けまくりました。

泣けてくるぜ!!!!!!!

ってか問題演習みたいなのして欲しかったんですけど・・・
開設で初めての情報いっぱいあったんですけど・・・・
レベルアップできるかなー(白目

午後はLとRの発音練習です。
英語の早口言葉みたいので練習したのですが難し過ぎる。
全然できません。

韓国人の男性キム君とペアになって、一緒のスピードで言う練習をしよう!
ってなったのですが、
彼はできるからか僕のペースに合わせてくれない。
先生も見かねて、合わせてね!っと言ってるのに合わせない。

ネイティブはそんなにゆっくりじゃないよ!ジャパニーズはヘタだね!

的なことを言われてカチンときました。
顔は笑ってたけど心はイライラですw

なんて協調性のない野郎なんだ!!!!くそー!!!!!
この怒りをモチベーションにぶつけてやる!!!!!
っと思って悔しい思いをして練習しました。
できていないのは本当なわけで。

でもこっちに来て、韓国人に馬鹿にされるニュアンスでジャパニーズと言われることがあります。
全員を嫌いになるわけではないけど、韓国嫌いの心がこっちに来て加速している気がします。

なぜ、人をジャパニーズと呼ぶのか。
僕はナショナリティーを抜きにして人と人で尊重し合いながら会話したいのに。
彼も良いところは沢山あるけど、根底にそうゆう気持ちがあるんだなーと感じました。

でも全員ではない

と思うよう、聞くたびに意識します。

夜はセッションをしに再びREXへ。
9時からなので、家で軽く練習します。
緊張している気がする。
落ち着きません。

あっという間に時間が過ぎて、
準備をして、トイレをして、
さあ出発しようと部屋に楽器を取りに行くところで気付きました。


俺、インキーしてね?wwwwww


こっちの部屋は、扉を開けたまま鍵をかけて、
扉を閉めると開かなくなる、というシステムなのですが、

今朝学校に行くときに扉が閉まりきっておらず、
先ほど閉めたときに今朝かけたかった鍵が発動したらしい。
鍵は中にあります。

これが世に言う、インキーという現象です。

そんな馬鹿なことあるかよー
信じられないミスだなー

っと思ったそこのアナタ。
ボクも水曜どうでしょうでミスターがインキーをした時、同じことを思いました。
しかし、そんなことはあるのです。
特に正常な精神状態じゃないときに限って。

あわてふためくボク。
幸いにも携帯は持ってました。
この携帯があったときの安堵たるや・・・・・
ココに電話して、マスターキーで開けれました。
めっちゃ鍵あって、ってか本当にめっちゃあって、
手当たり次第に試す結構酷な作業でした・・・・

因みにこれがボクの初めての英語での電話でした。
慌てすぎて
リラーーーーーーックス!
って言われましたw
ココが優しくて良かった。


REXに着くとみんな楽器を準備している。
高まります。緊張する。

ボクも準備したほうが良いのかな?
と思い出演者に聞いてみます。

『ボクもサックスを吹くんだ!
仲間に入れてくれ!!』

『今日はセッション日じゃないよ?』

『Really?』

『今日はコルトレーンの曲をヒューチャーしたライブさ』


日程表を確認したらJAM SESSIONと書いてある。
店員に確認したところ、日程が変わったらしい。
何じゃそりゃw

チャージ払い戻す?って聞かれたけど、せっかくなので見ます。





馬鹿うまwwwww
コルトレーンのフレーズを良く研究されている、かつ演奏も熱い。
指も恐ろしいほど回る。
音色も良い。

アルトとバスクラの持ち買えをしていた人も両方上手い。
ドルフィーとコルトレーンがやってる曲もやっていて、
編成も
alt,bcl持ち替え
ss,ts持ち替え
ピアノ
ツインベース
ドラム
という面白い編成。

インタープレイも素晴らしい。
$8なのに大満足の内容でした。

トロント大学の生徒なのかなー。
帰りにホットドッグを食べながら帰りましたとさ。

長くなったので今回はここらで。