お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

道産子留学生ブログ(Yoshihiro君)~初めての日曜日

2014年4月7日
時差ぼけにより初日を棒に振った私は時差ぼけのせいか5時に起床しました。
まず、部屋を快適な環境にします。

非常に住みやすい部屋です。

ベッドが以外に狭くてびっくりしましたが、船での生活を経験した僕には問題ないです。
外人がこれに納まるのかなーってことが不思議。フカフカです。

そして本日の予定を立てます。初日大事にしていきたい。
予定は
10時出発、
学校の位置を確認して、
ダウンタウンの散策、
2時に一緒に留学したMさん、Iさんと合流して、明日行くことになっているEducation Praimeのofficeの視察をします。
その後は皆と行動を共にする作戦です。

さて、9時半になりました。
ホストファミリーも起き出します。
食パンを2枚食べていたところ、
ココが話しかけてきました。

今日はボクと学校を見てダウンタウンへ行くことになってるから。
日本人のワタルもいるから!

聞いてないんですけど。
でも、正直バスに乗るのも不安だったのでありがたいです。

洗濯したいから12時まで待ってねー

はい、待ちます。いきなり予定崩れたー
まあ、予定は未定です。とっても良い人ではあるのでノープロブレム。

ワタルとココの三人で早速バスに乗ります。

トロントではTTCという会社がバス、地下鉄、市電を運営していて、どれを乗り継いでも3ドルでどこまででもいけます。
空港も離れているのに関わらず、3ドルでいけます。凄い良心的な価格設定。すばらしい。
支払い方法は運転手の近くにあるボックスに勝手に入れるだけ。
おつりが出ないけど、特に確認もしてないみたいです。自由。
回数券的なコインがあって私は前日彼から二枚買いました。
乗り継ぎの予定がある際は、乗ったときにトランスファーというのをもらって乗り継ぎの時に見せれば大乗みたいです。

ただ、日本同様バスは路線が沢山あって慣れないとわからなそう。特に私は今まで路線が一つしかないものか地下鉄しか日本で使ったことが無いので非常に不安です。

バスに乗り込む際気付きました。

財布忘れた・・・・・

あほ過ぎるー!!!!!!!
ココとワタルにめっちゃ笑われました。
ココから回数券メダルを借りて乗り込みます。

地下鉄に乗り換えて明日から通う学校へ。
当たり前だけど回り全てが英語・・・エライこっちゃ。
ようやく海外に来た実感が沸きました。

どうやらボクの学校はダウンタウンの中心にそびえ立つビルの8階にあるらしい。
そんな学校あるんだー
てっきり大学にくっついたりしてるものかと思ってました。

そしてココが図書館に行くぞーって言うので黙って着いていく。

図書館がほんとに凄い。
広いなんてもんじゃない。今度ちゃんと見に来よー

これが一番驚きました。
上に透明な半球状のものと正面に沢山の画面があると思いますが、
この半円状のものはこの下にいる人だけが聴こえるスピーカーになっていて、
一つの場所で色んな番組を楽しむことができるのです。
なんて近未来的なものなんだ・・・・

その後もダウンタウンを散策します。
トロントで一番長いyonge ストリートを歩きます。
1ドルショップがあったので入ってみました。大きなダイソーみたいなもんですがいちいち海外チック。
海外なんですけど。
ココが財布がなくてヒモジイ僕にチョコレートを買ってくれました。
めっちゃ甘い。スニッカーズ好きな僕にはたまらない。毎日少しずつ食べよ。

ココはその後もバナナやらなにやら買って僕たちに買い与えます。
食いすぎや・・・お前。嬉しいけど・・・
だから太るんやで。言えないけど。
彼は非常にぽっちゃりしているのですが気にはしてるみたいです。
さっきからめっちゃ食ってるけど。

ランチにしようと言われ、地下街のフードコートで食べます。
ワタルがこの家では全く野菜がでないから、野菜は外で必ず摂取したほうが良い。
と言うので、野菜があったチキンコンボを注文。
照り焼きソースのチキンです。
美味い。

けど・・・脂っこい。どうやったらこんなに脂っこく作れるんだ・・・・
そして量が多い。 ココは

何でそんな量が食べれないんだ。嘘だろ?

と驚いてます。あんたらが食いすぎなんや・・・・
胸焼けとか無縁の世界で生きてるんでしょう。

今後はサンドイッチにします。海外っぽいものを調子に乗って注文した僕が馬鹿でしたw

その後地下のショッピングモールを散策します。
カナディアンはスタイリッシュな人が多いですねー
お店も洒落てる。スペースを存分に使ってくつろぎスペースを作ってるお店もあります。

少し見たら市民ホールの近くの広場へ。
写真みたいな場所だ。すげー
この池は夏は水遊びの場、冬はスケートリンクになるらしいです。

一休みしたら、ワタルは家へ。
僕はココと協会へ向かいます。
ワタルは絶対つまらないって言ってたけど、僕は興味深々です。
協会に入ったり讃美歌を聴いてみたいって言う気持ちもあったのですが、
楽器のことを昨日聴いたところ、
いきなりストリートやコーヒーショップの演奏はライセンス的なものがないとできないらしく、
協会なら演奏できそうだし、仲間も作れそうだよって事で。色々楽しみです。

まず概観がかっこ良いのですが、入ってみるとさらに驚き。
ステンドグラスが・・・もう。

多分有名な絵画を模した物もあるんだと思います。
僕はダ・ヴィンチの最後の晩餐しかわかりませんでしたw
次の写真の左です。

この美しさは写真では伝わらないかも。
工事中で全部が見れないのが残念。

礼拝が始まります。
ゴスペルが凄く綺麗。
特に後ろにいたお婆が歌上手過ぎ。ビブラートを絶妙にかけまくってます。

入るときに十字をきって入ったけど、なんかクリスチャンでもない僕がいるのがちょっと申し訳ない雰囲気です。
全員がヒザまづく場面が何回かあったのですが、
全然信仰してない僕がするのは逆に失礼な気がしてやめました。
最後にココ曰くスペシャルなパンを皆に配ってて、ちょっと興味があったけどやめました。

演奏のことを入り口の人にココが聞いてくれたけど、なんか芳しくない反応で、ココも残念そうだったから深く聞かないことにしました。
それにそんな雰囲気でなかったし。

帰り際にココが

暗い歌ばかりでしょ?
Joyful !Joyful !をイメージするけど、それはクリスマスだけで、
普段は暗いんだ。
キリストは僕らのために死んでくれてそれは悲しいことだからね。
彼の死んだときのシンボルを表して僕らは十字をきるんだ。

っと教えてくれました。多分あってると思いますw
非常に興味深いです。

その後は家に帰る道を確認しながら帰宅しました。

全然予定と違ったけど、凄い楽しかったなー。

ココは世話焼きすぎるけど、本当に良い人で、
どうやらまだ学生らしく、気も合うし、何度も説明してくれて一緒にいて楽しいです。
この家出よかったなー

全然酒飲めないって言ってたのが残念だけどw
明日は初授業です。
爆死する予定。
乞うご期待。

写真が家の事情で貼れないっぽいのであとで貼ります。