北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

【カナダ】人気校CCEL学生寮紹介

2018年11月13日
語学学校の学生寮紹介シリーズ。
今回は、バンクーバー中心部にキャンパスを置く「カナディアン カレッジ オブ イングリッシュ ランゲージ(CCEL)」の専用レジデンス(学生寮)です。

CCELは、ペーパーレスの次世代型授業である「Smrtクラス」で臨場感溢れる授業を展開する学校。学生は全員ノートパソコンを開いての授業となり、ノートに文字を書くのが苦手な人やメディアを駆使した勉強が合っている人にオススメです。

CCEL専用レジデンス


CCEL専用レジデンスは、バンクーバーダウンタウンのメインストリートであるロブソンストリート沿いという好立地。学校までの通学は徒歩10分という近さに加え、周辺にはレストランやカフェ、スーパーマーケットなど、生活に必要なものはすべて手に入ります。寮での滞在は、世界各国からの留学生たちと知り合うことのできる絶好の機会でもあります。

部屋タイプは、シングルルーム/ツインシェア/専用ステュディオの3タイプのご用意となります。


学生寮の場所は街の中心街に位置しており、有名なスタンレーパークからも近く、人気のレストランやショップが立ち並ぶお洒落なロブソンストリートに面しています。


◆CCEL専用レジデンスの設備
家具・家電付き
(シーツ/掛け布団/レンジ/冷蔵庫/ガスコンロ)
ハイスピードインターネット
キッチン用品
洗濯部屋(別料金)
全室日差しの入る明るい部屋
ダウンタウンのスタンレーパーク側
月単位の滞在
※炊飯器はございません

ロブソンストリートとは?


ロブソンストリートとは、バンクーバーの中心部を通る大通りで、札幌でいうところの駅前通り。Levi’sやForever 21、New Balanceなどのファッションブランドはもちろん、ファストフードやカフェ、日本食をはじめイタリアン、フレンチなど様々な国のレストランが立ち並んでいます。バンクーバーでショッピングをしようと思ったらロブソンストリートを思い浮かべる人は多いはず。日本の商品を扱う「コンビニ屋」もロブソンストリートにあり、バンクーバー在住の方であれば必ず何度も訪れることになるでしょう。治安も良いエリアなので安心!

CCEL専用レジデンスの費用

部屋タイプ 料金
レジデンス
(シェアルーム/共用キッチン)
月850ドル
レジデンス
(シングルルーム/共用キッチン)
月1,150ドル
ステュディオ アパート 月1,800ドル
デポジット 200ドル
※料金に含まれているもの
光熱費、リネン、ワイヤレスインターネット、学校レストランでの朝食(平日のみ)
スペシャルキャンペーン:3ヶ月以上滞在の方には平日ランチを無料提供!!
注意:料金およびキャンペーンは予告なく変更となる場合がございます。
空室状況とともにお問い合わせください。

CCEL名物!「Eh!レストラン」


CCELのキャンパス内には「Eh!レストラン」という名のレストランが入っています。CCELで学ぶ学生や講師スタッフ陣はもちろん、現地のカナディアンもランチをしにやってくるレストランとなっており、CCELで提供しているワーホリプログラムのインターンシップ先としても使用されております。レジデンス滞在の方には同レストランでの朝食が平日のみ無料でついてくるうえ、レジデンスに3ヶ月以上滞在される方には特別に平日のランチまで無料となります。この機会をぜひお見逃しなく!


まとめ

留学生に人気の都市バンクーバーで、中心部かつ学校の近くに住んでみたい方には上記の学生寮がおすすめです。

CCELでは、ワーキングホリデーの方向けに「ワーキングホリデープログラム」を用意しています。ワーホリで英語力のブラッシュアップに加え、カフェやホテルなどのホスピタリティに関する知識を身につけて仕事に生かしたい方必見です。

ワーキングホリデーパッケージの詳細はこちら

また、1年以内の長期留学で英語力+ビジネスの知識をつけたい方におすすめの「Smrt Year」も開講しております。一般英語の底上げができたら、併設のCanadian Collegeへ転校してビジネスのマネジメントや国際貿易について専門的に学ぶことができます。
短期/長期語学留学、ワーキングホリデー、同校に関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、お気軽に無料留学相談フォームからお問い合わせください