お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

【重要】コロナウイルス関連によるカナダ・オーストラリア留学への影響

2020年3月18日
公開日:2020/3/6
更新日
2020/12/1(オーストラリア最新状況更新)
2021/3/18(カナダ航空券最新状況更新)


世界的な影響がでている新型コロナウィルス問題。北海道は3/6現在、日本で一番感染者数が多い都道府県になってしまっており、毎日道内のニュース番組ではコロナウィルス問題に多くの時間を割いてる状況となっております。

そのため当センターにもこれからカナダ/オーストラリア留学を控えてる生徒さんより多くの質問等を受けております

そこでカナダ/オーストラリア2か国専門留学エージェント北海道留学センターでは、大使館、領事館、日本の外務省などの関係機関の発信情報、また現地オフィスと密な連絡を取って現地の様子など最新情報を収集して生徒さんへご案内させていただいております

下記にまとめておりますが、状況は毎日のようにアップデートされたりしておりますのでご自身でも最新情報をご確認いただきますよう、お願いいたします

カナダの最新状況について

【1】現状について


・カナダ時間3/17の日本時間早朝、カナダのトルドー首相より発表があり、カナダ時間3/18正午よりカナダ国籍、永住権保持者、航空会社関係者、外交官、アメリカ国籍保持者以外の入国禁止が決まりました。
そのため渡航手配などに変更が必要となってきます

*10月20日より、留学生に対して入国制限が緩和されることが10月2日に発表されました。
詳細は
「【カナダ】学生ビザでの入国制限緩和について」




【12/1更新】

11/30までカナダ国内への入国制限になってましたが、それが2021/1/21までに延長になりました

トロントがあるオンタリオ州では11月23日午前12時からロックダウンになりました。これに伴いトロントの語学学校は現在オンライン授業に切り変わっております。2020年内はオンタリオ州の語学学校はオンライン授業になると思われます

【11/1更新】

10/31までカナダ国内への入国制限になってましたが、それが11/30までに延長になりました

【10/1更新】

9/30までカナダ国内への入国制限になってましたが、それが10/31までに延長になりました

【9/2更新】

『ワーホリビザ』許可書の有効期限が90日1年まで延長になりました。
【注意】ワーホリビザの期間の延長ではありません。

既にワーホリビザの許可(POE)を得ている人が、カナダに入国出来ず、その有効期限が残り「30日」を切ってしまった人に「朗報」となります。
今までは90日間の期限延長でしたが、申請をすると今ある期限が1年間延長になります。
例:ワーホリの許可(POE)
有効期限 2020年9月30日
↓ 申請をすると
2021年9月30日
まで有効となります。


有効期限が切れる1カ月以内に申請をすれば1年間有効期限を延ばすことを「考慮」して頂けるようです。
※確約はされてはおりませんのでご注意ください。


【8/31更新】

8/31までカナダ国内への入国制限になってましたが、それが9/30までに延長になりました

【7/2 更新】

6/30までカナダ国内への入国制限になってましたが、それが7/31までに延長になりました

【5/14 更新】

★5/8以降のワーホリ入国について

カナダ時間3月26日付で3/18以前に学生ビザ・ワーキングホリデービザの許可が下りている留学生は、今後例外的にカナダ入国が許可されることになりましたとアナウンスされましたが・・・

⇒5月8日に下記の内容が発表になりました

5/8以降のワーホリでの入国者に以下の条件が加わりました。

「仕事先が既に決まっていること。」

ただ、日本人の場合はワーホリビザ申請のルール上で元々仕事先が決まってないことが条件でビザ申請出来るようになってます。そのため5/8以降ワーホリビザの発給書(POE)があったとしても現時点でのルールではカナダへの入国は出来ない状態なのでご注意ください


【3/27 更新】

★入国禁止特例について

①、カナダ時間3月26日付で3/18以前に学生ビザ・ワーキングホリデービザの許可が下りている留学生は、今後例外的にカナダ入国が許可されることになりました。

②、ただし、入国に当たり下記が義務付けされております

搭乗、入国に当たり

1、搭乗時に感染症の検査を受けること
2、カナダの空港で、再度検査を受けること
3、14日間の自己隔離をすること

が義務付けられます。

上記についてオリジナルサイト
https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-special-measures.html

★今後の見通しについて

①、カナダ政府の3月26日の発表によれば、外国籍の以下に該当(essentialなもの)する人の現在の入国禁止期間は6月30日までとのことです。
※状況によっては変更になることもあり得ますのでご注意ください。

・work and study

・economic services and supply chains

・critical infrastructure support

・health, immediate medical care, safety and security

・shopping for essential goods such as medication or goods necessary for the health and safety of an individual or family

②、観光目的での入国禁止解除はその時点ではされません。
These new restrictions prohibit foreign nationals, including U.S. nationals, from entering Canada for non-essential travel.

③、引き続き14日間の自己隔離は続きます。

上記についてオリジナルサイト
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/canadas-reponse.html#acb

 

【2】カナダ国内の感染者数について

カナダ国内では2020/3/8現在感染者数は60名となっており日本よりも感染者数は少ないですが

⇒2020/3/15現在は304名。

⇒2020/12/1現在の情報(カナダ時間11/30情報)
トータル感染者数 378,139人
本日時点での陽性者数 66,037人
 

★カナダ国内の最新感染者数などの状況は下記からご確認ください

https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection.html

オーストラリアの最新状況について

【1】現状について

3月19日にオーストラリアのモリソン首相は3月20日(金)21時以降オーストラリアに来る全ての渡航者の入国禁止を発表しました
これによって現在、日本人留学生がオーストラリアに入国することができません
そのため渡航手配に関して変更等が必要となってきております



【5/9 更新】

5/8モリソン首相は、新型コロナウイルスに対する安全で持続可能なオーストラリアの経済を7月に実現するとの目標に向けて,これまでの制限措置を3段階で緩和していく「新型コロナウイルスに対する安全な豪州のためのロードマップ」を発表しました。

*詳細は各州・準州政府によって違いがあるため下記は大まかな内容です

これまでの制限措置を3段階で慎重に緩和していくことを目指す「新型コロナウイルスに対する安全な豪州のためのロードマップ」を発表しました


3ステップ~ロードマップ

★ステップ1
5人までの自宅への来客,職場以外の公共の場での10人までの集会,在宅勤務の推奨,ラッシュ時の公共交通機関利用の抑制,レストラン,カフェ,一般商店,図書館,コミュニティ・センター,プレイグラウンド,ブート・キャンプの再開,近郊の旅行

★ステップ2
自宅及び職場以外の公共の場での20人までの集会,在宅勤務の推奨,ラッシュ時の公共交通機関利用の抑制,ジム,美容サロン,映画館,美術館,アミューズメント・パーク,キャラバン・パーク,キャンプ場の再開(いずれも20人まで),一部の州外への旅行

★ステップ3
職場以外の公共の場での100人までの集会,すべての職場への復帰,ラッシュ時の公共交通機関利用の抑制,ナイトクラブ,フードコート,サウナの再開(いずれも100人まで),全ての州外への旅行,NZや太平洋島嶼国への旅行及び留学生の来豪の検討

*州によって ステージ 1への移行日、ステップごとの細かい内容も違います。
(SA州は11日からステージ1、QLD州は15日からステージ1、VIC州は来週月曜日に詳細発表、NSW州などはまだ発表になっていません)

*なおこの制限措置の緩和を3週間ごとに見直すこととしていますので、この通り順調にステップが進んでいくことを期待しましょう!

【5/7 更新】

下記ブリスベン語学学校ブラウンズ(ブリスベン校)日本人スタッフRoyさんより現地の様子

QLD州の感染者はここ2週間以上毎日1桁を記録しており、昨日も含めてゼロを記録した日も多数既にあります。先週土曜日からはNon-Essential Itemsにあたる服や靴の買い物ができるようになったり、ピクニック、国立公園への訪問等が可能になった一方でSocial Distancingはまだ解除されていません。

実際に生活していても政府の早目の対策(罰金制度もあります)が功を奏して、それに国民がしっかりと応えた形になっていると感じており、出口がすでに見えてきた感が現在はあります


上記グラフを見ていただくとわかるようにオーストラリア国内における新規感染者数は確実に減ってきております。なので今は少しでも早い段階で次のステップへ進めるように願うばかりです

【2】オーストラリア国内の感染者数について

⇒3/16現在は298名

⇒12/1現在の情報
トータル感染者数 27,904人
本日時点での陽性者数 61人
新規感染者数(24時間以内) 11人
★オーストラリア国内の最新感染者数などの状況は下記からご確認ください
https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert

★オーストラリア政府観光局(日本語)
https://www.australia.com/ja-jp/travel-alerts/coronavirus.html

航空券購入注意点

これから出発の方

これから留学される方が必ずしなければいけないことの1つに「航空券購入」があげられます。

現状はいつからカナダ/オーストラリアへ入国が出来るかがまだはっきりしておりません。そのため航空券購入に関しては今はしないでください

カナダ航空券情報サイト

★全日本空輸/日本航空発表(2021年2月16日時点)

 


★詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。
全日本空輸
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202004/20200401-3.html

日本航空
https://press.jal.co.jp/ja/release/202004/005581.html

★エアカナダ(2021年3月17日)

★エアカナダ今後の運航情報
・エアカナダ(AC)の5・6月のスケジュールが発表されました。(3月17日発表)
・5月より成田-バンクーバー線が運行再開!
区間 便名 スケジュール
★バンクーバー⇒成田 AC3 2021年5月1日- 6月5日: 運航曜日 火・木・土

2021年6月7日- 6月26日: 運航曜日 月・火・木・土

【5/1-6/26】バンクーバー発13:15⇒成田着15:05 (+1)
★成田⇒バンクーバー AC4 2021年5月2日- 6月6日: 運航曜日 水・金・日
2021年6月8日- 6月27日: 運航曜日 火・水・金・日
【5/2-6/27】 成田発17:30⇒バンクーバー着10:00
トロント⇒羽田 AC1 2021年6月30日まで運休
羽田⇒トロント AC2 2021年7月1日まで運休
モントリオール⇒成田 AC5 2021年6月30日まで運休
成田⇒モントリオール AC6 2021年7月1日まで運休
カルガリー⇒成田 AC9 2021年夏期スケジュール中運休
成田⇒カルガリー AC10 2021年夏期スケジュール中運休
バンクーバー⇒関西 AC39 2021年夏期スケジュール中運休
関西⇒バンクーバー AC40 2021年夏期スケジュール中運休

詳細は以下のエアカナダのウェブサイトをご確認ください。(英語版のみ)

https://www.aircanada.com/jp/en/aco/home/book/travel-news-and-updates/2020/china-travel.html?icid=INT:INTR:china-travel:travelNews:032320:062320:textacdotcom|jpen

 

オーストラリア航空券情報サイト

★全日本空輸発表(3月24日)

(1)成田・パース線について,3月29日から4月24日までの間,3月30日発着の便を除き,全便を運休します。
(2)成田・シドニー線(週7便)については通常運航。

詳細は以下の全日本空輸のウェブサイトをご確認ください。
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202003/20200324-2.html

★日本航空発表(3月24日)

(1)成田(羽田)・シドニー線について,成田発(3月29日以降は羽田発)の便については,3月31日発の便から,4月30日発の便まで運休します。また,シドニー発の便(3月29日発の便から目的地を成田から羽田へ変更)については,4月1日発の便から,5月1日発の便まで運休します。
(2)成田・メルボルン線について,現在運休されていますが,成田発の便については4月30日発の便までの運休,メルボルン発の便については5月1日発の便までの運休をそれぞれ継続します。

詳細は以下日本航空のウェブサイトをご確認ください。
https://press.jal.co.jp/ja/release/202003/005563.html

★カンタス航空及びジェットスター航空

カンタス航空及びジェットスター航空は,3月末から少なくとも5月末までの間,日本路線を含む全ての国際線を運休すると既に発表しています。

https://www.qantasnewsroom.com.au/media-releases/qantas-group-outlines-customer-and-employee-impact-of-coronavirus-related-network-cuts/



【10/3更新】

カンタス航空(QF)は日本発着線の運休延長を2021131日まで、ジェットスター航空(JQ)は1231日までと発表しました。

https://www.qantas.com/au/en/travel-info/travel-updates/coronavirus/qantas-international-network-changes.html?int_cam=au%3Acoronavirus%3Aarticle%3Ainternational-flight-changes%3Aen%3Ann



【12/1更新】

カンタス航空(QF)は日本発着線の運休延長を2021327日までと発表しました。



【2021/3/8更新】

カンタス航空(QF)の日本発着線は20211030日までの運休が決定となりました

海外留学保険について

北海道留学センターでは、JI(ジェイアイ)保険の代理店として、海外留学保険のご案内・手配を行っております。

もし、現地で感染したら?

同社の海外留学保険では現地で感染した場合の補償が含まれており、現地で保険会社の日本語サポートもついております。また弊社が代理店となるため、現地で何か不測の事態があった場合、保険会社⇒弊社⇒日本のご家族へ連絡が可能となります。

それらの観点からもJI(ジェイアイ)保険の加入を推奨させていただいております

カナダ/オーストラリア教育機関キャンセルポリシーに関して

現在(3/27)カナダ、オーストラリア側入国禁止伴って、正常な留学とは言えない状況になっております

今回のコロナウィルスに伴うキャンセルに関して語学学校ではキャンセルポリシーを発表等行っております。

現在の各学校の対応方針等は下記からご確認ください(下記ページも随時更新しております)

今一番重要なこと!

毎日メディアで報道され、インターネット上でも様々な情報が飛び交っており、不安な気持ちの気持ちな方も多いかと思いますが、これだけは、はっきり言えることとして・・・

「自分自身の健康管理を!」

これにつきます。まずはご自身で「手洗い・うがい・睡眠をしっかり・栄養をしっかり」など出来ることをしっかりと行うです。

まとめ

当センターとしましては、当センターを通じてお申し込みされた方お一人お一人のご決断とお気持ちに寄り添い、出来る限りのサポートをさせて頂きたいと考えております。

また現地より最新情報等あった際は個別で連絡させていただきたく思っております

現状では新型コロナウイルスによってカナダ、オーストラリア学への渡航に大きな不具合は出てきておりませんが事態は常に変化いたします。そのため常に最新の情報収集を行い留学へ出発される皆様のサポートに全力を尽くしたく思っております。

北海道留学センター
代表 東出 将範