お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

【カナダ】休学留学(ワーホリ)を生かしてキャビンアテンダントを目指す方必見!

2018年2月2日
最近、航空業界への就職を目指す学生さんからの留学のお問い合わせが増えています。大学生に圧倒的に多い休学留学で、英語のブラッシュアップと航空系の知識を今のうちに身につけておきたいと思っている方にぴったりのプログラムがございます!

キャビンアテンダントとして世界を飛び回りたい方、外資系航空会社に就職を目指している方、英語力UPと航空業界の知識を一気に身に付けたい方にお勧めのプログラムご紹介です!




CACCT -Communication for Airline Cabin Crew Training-

カナダ最大の都市トロントの人気校「SSLC」で開講中の8週間完結プログラムです。

航空会社で働く際に頻繁に使用する英語コミュニケーションにフォーカスします。

講師は、Air Canada -エアカナダ- でキャビンアテンダント、Emirates -エミレーツ航空- ではグランドスタッフとしての勤務実績があり、知識と経験に沿った授業が受けられます。受講学生は、将来キャビンアテンダントやグランドスタッフを目指す学生が多く集まります。


講義内容

航空業界、特にキャビンクルーに必要な知識を網羅する内容となっています。主にAir Canadaへの就職を目的とした講義となりますが、JALやANAといった国内の航空業界を目指す方にも大変お勧めのプログラムとなっています。
第1週目 キャビンクルーの職業紹介 キャビンクルーのメンバーとしての1日
第2週目 キャビンクルーになるためには キャビンクルーとしての利益と挑戦
第3週目 キャビンクルーになるための準備 履歴書の作成方法と面接対策
キャビンクルーになるための必要条件
必要スキルやタスク
第4週目 航空会社のカスタマーサービス お客様への対応、お客様への会話
第5週目 航空業界入門 航空機、チャーター便、プライベート機、航空業界、
代理店の決まり、航空旅行の税関、入国
第6週目 航空機の知識入門 航空機の種類、航空機の仕組みと用語、航空機が飛行する仕組み、
時差、タイムゾーンの知識
第7週目 緊急時の措置の安全 事故と生存について、緊急時の対処、乱気流、火災時の対処方法、
緊急時の器具の使い方、飛行中の緊急用器具、
応急処置と人員防衛、人命救助、危険物の知識、規則・決まり、
危険物の規定
第8週目 機内でのフードサービス ケータリングとフードサービスの方法や対応

プログラム詳細

8週間完結プログラムとなっています。(4週間のみの受講も可能です)
週数 費用
4週間 900ドル ⇒ 80,100円
8週間 1,650ドル ⇒ 146,850円
*日本円表記は1ドル89円で算出しております。お申し込み時の為替レートにより、金額は変動する可能性がございます。

◆費用に含まれるもの
・入学金 ・授業料(CACCTプログラム) ・教材費 ・現地サポート

2019年コース開始日

コース開始日はお問い合わせください。

受講サンプル例

休学留学をする学生さんのほとんどが、英語力が初級レベルであることを心配されています。結論から言うと、CACCTコースを受講する際の英語レベルは高ければ高いほどいいです。その方が吸収できることが多いですし、英語レベルに自信が持てるようになっていればそれだけ積極的に授業に参加できます。英語力初級からスタートする場合と中級からスタートする場合で、それぞれスタディプランをご紹介します。

《英語力初級の方が24週間受講する場合》
英語レベル 受講コース 期間
初級 一般英語スキルコンバインコース 留学スタート〜16週目
中級 CACCT 16週目〜24週目(8週間)
留学スタート〜16週目までの4ヶ月は、一般英語スキルコンバインコースで英語の基礎をしっかり定着させます。スキルコンバインコースは、午前中は 文法 / リスニング / リーディング&ライティング を一人の担任の先生から学ぶ、いわゆる担任制です。

クラス内で一体感ができ、お互いに助け合いながら英語を伸ばしていける空気ができるため、特に英語力初級の方にお勧めです。

CACCTは英語力中級程度の受講資格が要求されるため、この初めの4ヶ月でどこまで英語力を高められるかが鍵となります。


《英語力中級の方が16週間受講する場合》
英語レベル 受講コース 期間
中級 一般英語スキルフォーカスコース 留学スタート〜8週目
中級 一般英語スキルフォーカスコース+CACCT 8週目〜16週間(8週間)
英文科の大学に通っていて英語に慣れている方については、授業スピードや雰囲気に慣れる意味でも、一般英語コースを受講することを強くお勧めします。ここでお勧めしている「一般英語スキルフォーカスコース」では、英語の4技能である 読む / 書く / 聞く / 話す をすべてレベル分けし、自分のレベルに合ったクラスに分かれて英語力を鍛えていきます。

CACCTの授業をより有意義なものにするためにアウトプットの能力を高めたい人にお勧めしています。

TOEICの受検

このように、一般英語のクラスと併せて受講すれば、英語の基礎力の底上げと航空業界の専門用語が一度に吸収できます。(CACCTのみの受講も可能です)また、日本の航空会社への入社の際は、英語力の証明としてTOEICのスコア提出を求められる場合が多いようです。

SSLCでCACCTを受講する学生さんは、多くがTOEICを受検し、自身の英語力証明に役立てています。SSLCトロント校では、月に一回無料で公式TOEICテストが受検できます。


●SSLC(スプロットショーランゲージカレッジ)学校詳細は⇒こちら
短期/長期語学留学、ワーキングホリデー、同校に関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、お気軽に無料留学相談フォームからお問い合わせください