お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

「北米のパリ」と呼ばれる異色の町でオシャレに留学

カナダ ケベック州にあるモントリオールはカナダ第2の都市。
17世紀半ばよりフランスの植民地として発達し、「北米のパリ」の異名を持つカナダでは異色の街です。


モントリオールは、住民の 3分の 2がフランス系カナダ人で、彼らは自分たちの文化を大切にしてきました。
そのため、街なかにはフランス語の看板があふれ、人々の会話もまたフランス語。


お店に入ると「Bonjour, hi!」と声をかけられるので、英語での接客希望なら「Hi!」、フランス語での接客希望なら「Bonjour!」と返事をします。
基本的にはフランス語ですが即座に英語に切り替えられる英仏のバイリンガルタウンとなっています。

街には多数の博物館や美術館、劇場にレストラン、ショップが並び、NHL(アイスホッケー)や F1(フォーミュラー1)開催などプロスポーツの観戦も楽しむことができます。


1976年にはカナダで初めての夏季オリンピックが開かれた都市としても有名です。

モントリオールの語学学校では、英語もフランス語も学ぶことができます。
生活する中でフランス語に触れる機会が大変多いため、当初英語留学で来ている方もフランス語に興味が出てくることはよくあります。
移民の申請を目的にフランス語をあえて学びにくる学生も多く、様々なニーズに応えることができるという特徴があります。

こんな人にオススメ

・日本人があまりいない場所で生活したい
・音楽や美術、歴史、自然、アウトドアが大好き
・英語、フランス語を学びたい


主要な観光スポット・イベント

◆観光スポット
・ノートルダム大聖堂
・モン ロワイヤル(Mont Royal)
・オールドポート(旧市街地)


ノートルダム大聖堂


オールドポート(旧市街地)

◆おすすめイベント
・ケベック デー(6月24日)
・モントリオール国際ジャズ・フェスティバル(7月上旬)
・モントリオール国際花火大会(7月〜8月にかけて)


モントリオール国際ジャズ・フェスティバル(7月上旬)

週末の旅行先

国内最大の都市トロントまでは飛行機だと1時間半、電車で5時間で行けます。
また、首都のオタワまでは電車で2時間で行くことができます。

トロント中心部の様子

また、中心部にそびえ立つ山「モン・ロワイヤル」は絶好の夜景スポット。週末の時間があるときに絶対登頂するべきです。

モントリオールでの仕事について

◆日本人に多い仕事
・日本食レストラン(キッチン、接客)
・ゲーム会社での翻訳作業
・運搬系サービス
・ガイド(夏、秋)

仕事探しには英語力中級以上、そして職場によってはフランス語が求められることもあるのがモントリオールの仕事の特徴です。
最近ではモントリオールで日本食レストラン、日本系ブティックの開設が増えており、オープンスタッフとして日本人を募集しているところも増えてきているようす。

モントリオールの気候

夏は暑く、冬は寒い、というはっきりとした気候です。
真夏には猛暑になることも増えてきていて、Heat Alert(ヒートアラート、高熱注意報)が発令されたりします。
冬は逆に極寒で降雪もしっかりあります。
気温が下がりすぎて車が凍ってしまって仕事に遅刻、なんてこともあるみたいです。


暑さ対策で設置されたミストシャワーで涼む男性(モントリオールJazzフェスティバル会場にて)


平均最高・最低気温

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 -4 -3 2 9 17 24 26 25 21 13 7 -1
最低気温 -12 -11 -6 1 8 15 17 17 13 6 0 -8

モントリオールの語学学校情報

モントリオールの語学学校情報は別ページにまとめています。
この都市を気に入った場合は読んでみてください。

「モントリオール」の語学学校一覧

モントリオール関連ブログ記事

モントリオール留学:絶対足を運ぶべきスポット
モントリオール街中の看板表記などは・・・
モントリオール地下鉄の様子

日本人少なめ都市で英語を学びつつフランス語も、オシャレな街並みの中で留学生活送りたい方におすすめがモントリオールになります
お見積もり、休学留学(ワーホリ)、モントリオール留学に関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、お気軽に無料留学相談フォームからお問い合わせください