お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

ワーキングホリデー



一言で言うと・・・仕事をする事で滞在資金を補いながら1年間海外生活を体験できる制度です。
原則 1カ国 1回しか利用できません(オーストラリアを除く)。
英語も学びたい、観光もしたい、海外生活体験もしてみたいと言った方にオススメのビザです。
(注:就学・就労などに関して国によって規則があります。それを厳守することが条件です)

語学習得

・語学学校などに通い英語習得

・カナダの場合フランス語習得も可能

働く

・他国の人と働き国際交流。

・レストラン、カフェ、お土産屋さん、ツアーガイドなど

ホームステイ
ホストファミリーとのふれあいで、滞在国の文化などを学びつつコミュニケーションスキルアップ
インターンシップ

・有給ホテルインターンシップ

・無給ビジネスインターンシップ など

ボランティア

・チャイルド、シニアケアボランティア

・環境保護ボランティア など

ファームステイ

・住み込みでのファームジョブ体験、ウーフなど

・果物などのピッキング(収穫)作業

スポーツ

・スキー、スノーボードなどウィンタースポーツ

・サーフィン、ダイビングなどマリンスポーツ 

キャリアアップ(資格取得)

・ケンブリッジ英語検定試験

・J-SHINEコース

旅行
カナダ:ロッキーリゾート、アメリカ旅行(NY、シアトルなど)
オーストラリア:ラウンド旅行 東南アジア旅行など
異文化体験
色々な国の若者などと接したり、英語を通じて趣味やお稽古などにもチャレンジ可能
 

*カナダワーキングホリデーでできること

*オーストラリアワーキングホリデーでできること



カナダワーキングホリデー

世界で2番目の広さを誇るカナダは、自然が美しく英語を学ぶには最適な環境です。
また公用語が英語とフランス語で成り立っており、ケベック州などではフランス語を学ぶことも出来ます。

カナダ ワーキングホリデー基本情報

歴史1986年から開始定員6500人(2015年度)
資格年齢日本国籍で 18~ 30歳(申請受理時点)ビザ費用$250(カナダドル)
就学期間6ヶ月就労期間有効期間内であれば制限なし
申請方法オンライン申請( 2段階)

カナダで英語を学ぶ

英語を母国語とするカナダでは主要都市などに数多くの語学学校があります。
またワーキングホリデービザでは最大 24週間( 6カ月間) 学校へ通う事が認められています。
カナダ語学学校一覧は⬇
こちら

カナダで働く

ワーキングホリデーでは働くことが出来るというのが最大の特徴。
ご自身の英語力によって働ける仕事は変わってきますが、人気の仕事はやはり英語環境で英語力アップできるような仕事。
またカナダの場合、レストランなどで働くとチップが貰えるメリット有り!

カナダで旅行する

世界第 2位の面積を誇る広大な国カナダ。カナダ国内だけでもナイアガラの滝、ロッキーリゾート、赤毛のアンで有名なプリンスエドワード島。
またカナダに隣接するアメリカ(ニューヨーク、シアトルなど)。その他最近人気がカナダからキューバ、メキシコなどへの旅行など
観光スポットはたくさんあります。
1.ナイアガラの滝
2.ロッキーマウンテン
3.プリンスエドワードアイランド

カナダ ワーキングホリデー必要費用

カナダへワーキングホリデーするためにはどのくらい必要?

オーストラリアワーキングホリデー

南半球に位置する巨大な島国。
コアラやカンガルーなどオーストラリア特有の動物が存在していて、美しい海が広がっており、英語を学びつつマリンスポーツなども出来るので人気。

オーストラリア ワーキングホリデー基本情報

歴史1980年から開始定員 7月 1日から募集し定員になり次第発給終了
資格年齢日本国籍で 18~ 30歳(申請受理時点)ビザ費用$420(オーストラリアドル)
就学期間17週間就労期間同一雇用主の基で 6ヶ月以上不可
申請方法オンライン申請

オーストラリアで英語を学ぶ

オーストラリア ワーキングホリデーでは最大 4ヶ月間学校へ通うことができます。
校内英語オンリーポリシーが徹底されてたり、会話系のカリキュラムが充実してたり、様々な国の学生が集まってたりと学校選びのポイントは様々です。
オーストラリア語学学校一覧は⬇
こちら

オーストラリアで働く

ワーキングホリデーでは働くことが出来るというのが最大の特徴。
ご自身の英語力によって働ける仕事は変わってきますが、人気の仕事はやはり英語環境で英語力アップできるような仕事。
またオーストラリアの場合、ファーム(農場)での収穫の仕事が大人気。

オーストラリアで旅行する

日本と同じ島国オーストラリア。ただ同じ島国でも面積は日本の 20倍!そのため見どころはたくさんあります。
グレートバリアリーフ、タスマニア島、美しい海、そして日本からだと遠いけどオーストラリアからは近いニュージーランドなど。
1.グレートバリアリーフ
2.エアーズロック
3.グレートオーシャンロード

オーストラリア ワーキングホリデー必要費用

オーストラリア セカンドワーキングホリデー!!!

オーストラリア ワーキングホリデーだけの特典
オーストラリアではワーキングホリデーで滞在中に最低 3ヶ月の間政府指定地域で季節労働に従事した場合もう 1年ワーキングホリデービザを取得することが出来ます。

野菜収穫・包装作業

レタス、トマト、タマネギ、長ネギ、カボチャ、セロリ、イチゴ、メロン、チェリー、バナナ、ピーマンなど
セカンドワーキングホリデーについて詳しくは⬇
こちら
ファームジョブについて詳しくは⬇
こちら


北海道留学センターでは、セカンドビザを申請したい方向けに、
オーストラリア語学学校 17週間以上お申し込みで
⇒「北海道留学センターオリジナルファームガイドブック」無料でお渡ししております。
*詳細は弊社までお気軽にお問い合わせください。