北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

休学ワーホリ

2016年3月28日
休学ワーホリ~大学を1年休学してワーキングホリデー!2016年度版
大学を1年休学して、1年間の留学をしてみたい。でも・・・1年語学留学等で学校に通うとなると、予算がかかり経済面的に厳しい。それでも休学をして海外で1年英語を学びつつ異文化体験もしてみたい、だから何か方法があれば。。。

そういった方にオススメが「休学ワーホリ」という方法です。

18歳から30歳までに限定された、

生活する、働く、学ぶ、旅行するなど全て決められたルール内であればする事が出来る魔法のビザ。それが・・・

WORKING HOLIDAY VISA【ワーキングホリデービザ】です!

北海道留学センターが取扱している2カ国カナダ/オーストラリアは特にワーホリで人気の2カ国となっており、1年という時間を使って様々な事をすることが可能となっております。

16464056879_7e47d52763_z
北海道留学センター事業開始2009年以降、札幌市内の多くの大学生がこの「休学ワーホリ」というスタイルを使いカナダ/オーストラリアへ旅立たれ充実した時間を過ごしてこられてます。

休学ワーホリのメリットとは?

①、予算が厳しい方でも可能!

②、学ぶだけでなく異国で働くことが出来る

③、ワーホリビザでも現地の大学付属英語学校で学ぶことも可能!

⇒当センター代表ブログにて補足「休学ワーホリで大学付属学校へ通ってみる

大学生の間に異国で英語という言葉を使って他の国の人と一緒に「就労」してみる。日本では経験できない、様々な文化の違いなどを通じて「視野」を広げそして考え方を広げることが出来るようになる「休学ワーホリ」だからこそ出来ることです

ただ・・・

充実した「休学ワーホリ」を過ごすために「英語力」は必須になってきます。

そのため最初最低3ヶ月はしっかり語学学校で英語力アップされる事オススメします

★休学ワーホリ~おすすめプログラム

【カナダお勧めプログラム ①】
カナダ:有給ホテルインターンシッププログラム
students at Lake Louise
最初語学学校にて英語を学び、その後リゾート地のホテルにて住み込みで様々な国の若者などと交流し

現地ホテルにて有給で働きながら生活費などを稼ぎそして貯金もしつつ異文化体験プログラムです。

詳細は「有給ホテルインターンシッププログラム
【カナダお勧めプログラム ②】
カナダ:有給カフェインターンシッププログラム
15335822801_8ca416cef5_z
最初3ヶ月間語学研修を行い、お客様とのコミュニケーションスキルアップを目指し、その後、

カナダ・バンクーバー近郊にあるカフェやレストランなどの飲食店で有給インターンシップを

することが出来ます。詳細は「有給カフェインターンシッププログラム
【カナダお勧めプログラム ③】
ガスタウンビジネスカレッジ:ビジネスインターンシッププログラム
gbc
カナダで「企業体験」をして将来に役立てたいと言う方向けのプログラムです。

一般英語では物足りない、ビジネス英語を学びその後実践の場で活かしてみたい

といった方向けのプログラムになります。

詳細は「ビジネスインターンシッププログラム
【オーストラリアお勧めプログラム ①】
Langports:英語+インターンシッププログラム
15848354006_a11e517f1f_z
オーストラリア3都市ブリスベン・ゴールドコースト・シドニー

の3都市にキャンパスを持つ人気校ラングポーツで英語を学習して現地の企業で就労体験する

プログラムとなります。詳細は「英語+インターンシッププログラム
【オーストラリアお勧めプログラム ②】
ILSC Australia:英語+インターンシッププログラム
16589248013_689aa7b946_z
オーストラリア2都市ブリスベン・シドニー

の2都市にキャンパスを持つ人気校ILSCで英語を学習して現地の企業で就労体験する

プログラムとなります。詳細は「英語+インターンシッププログラム
【オーストラリアお勧めプログラム ③】
Impact English:英語+バリスタプラスプログラム
15862786326_e890edd19e_z
一般英語コース12週間→5週間のバリスタ英語コース→2週間のインターンシップ

(キックスタートプログラム)に参加するワーキングホリデー向けプログラムです。

詳細は「英語+バリスタプラスプログラム

★休学ワーホリ事例~札幌の大学生が過ごされた有意義な「休学ワーホリ」事例ご紹介

その1、カナダ休学ワーホリ:英語⇒就労⇒ビジネス専門学校
●出発前英語力:中上級

●渡航先: カナダ/バンクーバー

●休学ワーホリ過ごし方:

現地渡航して、最初2か月バンクーバーの語学学校で英語を学び、その後リゾート地へ移動して就労、そして最後3カ月間バンクーバーで大変評価の高いビジネス専門学校でマーケティングをみっちりと学ばれ帰国

★体験談は⇒こちら

★体験談動画


その2、カナダ休学ワーホリ:英語⇒就労⇒TESOL【英語教師養成】コース
●出発前英語力:中上級

●渡航先: カナダ/バンクーバー

●休学ワーホリ過ごし方:

現地渡航して、最初3か月バンクーバーの語学学校で英語を学び、その後リゾート地へ移動して就労、そして最後3カ月間バンクーバーで英語教師養成コース(TESOL)で大変評価の高い学校で学ばれそして帰国⇒帰国大学卒業後 現在英語教師として高校で勤務中

★体験談は⇒こちら


その3、オーストラリア休学ワーホリ:英語⇒就労⇒ケンブリッジ英語試験対策コース
●出発前英語力:中級

●渡航先: オーストラリア/ヌーサ

●休学ワーホリ過ごし方:

最初4週間語学学校で英語を学び、そしてローカル環境の職場で仕事をみっちり日本人留学生の少ない場所で生活をして現地オージーとのふれあいや、ヨーロッパからの留学生などとも交流を沢山して英語力アップ。

そしてラスト12週間で世界的評価の高い「ケンブリッジ英語試験対策コース」を受講され、英語力を更にアップされて自分自身に自信をつけることが出来帰国

長期学生ビザを使っての休学留学に関しては
 
休学留学(ワーホリ)に関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、お気軽に無料留学相談フォームからお問い合わせください