北海道の方は必見!カナダ&オーストラリアのスペシャリストがご提案。北海道から海外(カナダ&オーストラリア)へ!

お問い合せはお電話にてお気軽にどうぞ!
受付時間:月〜金 9:00〜18:30/土 10:00〜17:00

留学出発前の英語学習お勧め教材

「英語が話せるようになりたい」「海外で生活したい」「英語環境で仕事をしたい」

留学希望者が留学に求める最たるもの、それは英語力の向上です。ワーホリでの留学、休学して長期語学留学、現地の専門学校や大学への進学のための留学など、留学形態は人それぞれですが、みんな英語力を伸ばしたいと思っています。

その一方で、「じゃあ出発前の英語の勉強はどうしたらいい?」「そもそも出発前に英語を勉強しておく必要はある?」という疑問の声が本当によく聞こえてきます。

ここでは、出発前の英語学習についての考え方と、おすすめ教材をご紹介します。


出発前の英語学習は必要?

結論から言うと、絶対に必要です。留学を決めたその日、その瞬間から英語学習をスタートさせてください。

理由は簡単で、英語は基礎力が土台となってどんどん伸びていくものだから。

基礎力がついていないのにいきなり現地に飛び込んでも伸びしろに限界があります。そもそも英語がわからないがために、現地で日本人コミュニティの中に入ってしまうということは本当によくある話です。なぜそうなるのかといえば、自分の英語に自信がないため英語を使おうと思えないからです。最初の何日間かは気合を入れて頑張っても、英語が通じないことが原因で壁にぶつかると、心が折れてしまいます。そうするとどんどん挑戦する意欲を失っていって、最終的には日本人と一緒にいるようになってしまうのです。


ではその基礎力とはなんなのか?

基礎力とはずばり、文法力・単語力・リスニング力です。

英語で言う文法は、人間の体で言うと背骨にあたる核の部分。そして単語力やリスニング力は筋肉といえるでしょう。

文法が曖昧だときちんとした英語を習得することへの足かせになります。汚い英語でいい、それでもコミュニケーションはとれる、という意見もあると思いますが、皆さんにはぜひしっかりした英語を身につけて将来につなげてほしいと思います。文法がぐちゃぐちゃな英語はいくらスムーズでも聞き手へのストレスになりますし、仕事ともなれば言葉による印象の低下は避けられません。

文法と並行して単語力、リスニング力も鍛えましょう。単語および熟語を知っていれば知っているほど、現地で英語が伸びる助けになります。知らないことはできるようになりませんが、知っていればそれが自分のフレーズになる可能性を秘めていることになります。

英単語を身につけるには?

単語勉強はインプットとアウトプットをテンポ良くやればいい

リスニング力は、とにかく英語を聞きまくることです。映画や海外ドラマ、Youtube、洋楽、なんでもいいのでとにかく英語にハマってシャワーのように浴びてください。リアルな英語表現を聞くと言うこの作業は、並行しておこなっている文法や単語・熟語表現の確認の場にもなります。

「あ!この表現聞いたことある!」「あの文法書の説明なんかよくわかんなかったけど、こうやって使うのか!」

こういう感覚を味わう絶好の方法です。とにかく英語を耳に入れる環境を作りましょう。

そして、+αで余裕がある人にぜひやってほしいのが、「真似」。
聞いた英語をその人になりきって真似して言ってみるんです。これをするには、まずなんと言っているのかを理解していないといけません。理解するには自分の文法力、単語力、リスニング力をフル稼働させる必要があります。これが習慣的に身につけば出発前の英語力は上がること間違いなしです。

英語力UPへの近道は真似をすること

出発前の英語学習おすすめ教材

★文法編

①マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)



結構分厚いのですが中身は抜群に分かりやすいです。
カナダ、オーストラリアの多くの語学学校で文法の練習問題で利用していたりするほどなので品質は最高です。
上記のテキストはその日本語翻訳版になります。
左側に文法事項の説明(想像している以上に細かくわかりやすい)、右側に練習問題が用意されています。
理解した内容をすぐに応用できる構成です。
札幌駅ヨドバシカメラなどのならびにある、紀伊国屋にも確かあったはずです。
またはアマゾンで購入でもいいかと。

②一億人の英文法



大学時代に北海道留学センターからカナダのバンクーバーへ留学、帰国して卒業後は英語教員となり活躍しているK先生おすすめの英文法書。
文法を言葉で説明するだけでなく、ネイティブがどんなイメージを持ってその文法表現を使っているのかを直感的に教えてくれる本です。
練習問題はついていないので、読書感覚で読み進めていくことができます。

★単語編

①DUO 3.0



代表の東出が高校生だった時に発売され以来、受験生などには大人気の単語帳です。
例文の中に新しい単語が複数入っており文章ごと覚えると新しい単語が一気に3~5語覚えられるというものです。
これは大きな本屋さんならどこでも売ってると思いますので一度自分でチェックしてみるといいかと思います。

②Distinction



スタッフの相澤と同い年のAtsuさんが書き上げた大変画期的な単語帳です。
海外留学する前に独学で英検1級、IELTS8.5、TOEIC990点満点をとった彼が、独自の視点で構成しています。
ネイティブがよく使う表現に的を絞ってリストアップされているため、出発前の英語学習には大変向いています。
Atsuさんが独学で勉強していたやり方も細かく載っているので、効率的にたくさんの表現を覚え、そして使えるようになることを目指す究極の単語帳です。

自分に合ったやり方を

出発前の英語勉強について、その大切さと勉強法、そしてオススメのテキストを紹介してきました。

上記はあくまでも一例というか、私たちが思うベストな内容です。もちろん人それぞれの方法がありますので、ぜひ自分に合った勉強法や教材を早いうちに確立してください。結局はやったもの勝ちです。継続力も大事です。モチベーションが持続できればやる気になるし、継続もできます。今回ご紹介した内容は、モチベーションを切らすことなくバラエティに富んだ角度で英語を勉強できる内容かと思います。